先日の講演会には大変多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。本日もご質問にお答えしていきます。出来るだけ一つ一つのご質問に沿ってお答え出来るように一日に少しずつの回答をしていきます。ご質問から読み取れる情報の中で状況を想像しながら私自身の考えでお答えします。最も大切な個別性の部分については、少ない情報の中で反映させることが難しいので、あくまで参考程度になるとは思いますが少しでもお役にたてれば幸いです。(個別での相談やセミナー等をご希望の方は、ご予約のご連絡をいただければと思います。有料にはなりますがしっかりお時間をお取りし、対応させていただきます。)

 

【質問】周りの人に理解が得られない時は自分の居場所を変えるべきでしょうか。自分の意識でどうにかなるのでしょうか。

【回答】HSPだから居場所を変えなければない、ということはそれほどないと思います。HSPは1/5もいるとされている存在ですから、どこにでもいて日々を過ごしています。居場所を変えようか迷うほどということであれば、何か深刻な悩みや困りごとがあるということか、逆に選択肢が他にあって悩んでいるかのどちらかでしょうか。HSPだから、ではなく、何が苦しいのか、について考えるのが妥当です。例えば、激しいいじめやハラスメントの中で耐え続ける必要はありません。もし、あなたが何一つ断れずになんでも従わなければ許されないような理不尽な状況が続いているのであれば心身を壊す前に抜け出す必要があります。肝心なことは信頼できる人と一緒に、心の健康を保ちながら検討することです。

☆ご質問ありがとうございました。その他のご質問の回答は次回に続きます。