今月行われました、千葉市教育センターでの教員の皆さんからいただいたご質問にお答えしていきます。いただいた文脈から背景をできるだけくみ取ってお答えしますが、もう少し具体的にということであれば個別にご相談いただければと思います。

A.チェックリストなしでもHSCかどうかを見極める方法はありますか?

Q. 見極めたいと思ったその気持ちが素晴らしいと思います。先生方には見極める目を養っていただければと思います。お渡ししたチェックリストをその子どもの代わりにやれるくらい、子どもたちの表情や動きを日頃から見る癖をつけてください。

病気でも障害でもない「特性」ですから、はっきりとした数字を出すことはそれほど重要ではありません。(人の心配ばかりしている、みんなの嫌がることを進んでする、派手に褒められると困ったような反応をする、、、など無邪気な子どもとは言い難く、気を使うタイプの子どもはHSCの可能性は高いと言えるでしょう。)

先生方が子どものことを知ろうとすること、そして自分とは違う感覚を素直に受け入れることこそがHSCに限らず全ての子どもたちの救いになります。

○○先生はなぜか私を理解して受け入れてくれた、と10年後のその子が振り返れるような先生が1人でも増えるよう先生サポートを私自身も続けていきたいと思います。

ご質問ありがとうございました。次回に続きます。