今月行われました、千葉市教育センターでの教員の皆さんからいただいたご質問にお答えしていきます。いただいた文脈から背景をできるだけくみ取ってお答えしますが、もう少し具体的にということであれば個別にご相談いただければと思います。

A.場面緘黙はHSCですか?

Q. 場面緘黙とHSCは違います。しかしながら場面緘黙のお子さんや保護者の方からお話を伺うと、HSCの敏感さに当てはまることは多いようです。ですが、HSCの一番特徴的な部分とされる、共感力の高さの部分はそうでもないことも見受けられ、場面緘黙の子どもたちがみんなHSCなのかというとそうでもないのかもしれません。私の知る場面緘黙だった子どもたちは小学校高学年のころにクラスでの発言ができるようになることが多いです。余談ですが、場面緘黙の子どもたちの考えている内容は特別なことではなく、愉快で、むしろ毒舌な、そんなこともあります。学校生活では不自由な思いをしていますが、とりたてて働きかけるより自然に過ごせる環境がいいように思います。特定の誰かに話せるのであればその友達を介してもいいですし、紙に書いてもらったり、うなずくなどの意思表示でごく自然にクラスの一員として参加していけるといいと思います。

ご質問ありがとうございました。次回に続きます。