新型コロナウィルス感染で学校が遅れて始まりました。千葉市の学校では今月(6月)は学校を休んでも欠席の扱いはしないそうですが、その間にも学習は進んでいきます。このコロナ休校によって新たに学校へ行けなくなっている子どもも多く出ているという話もよく聞きます。
フリースクールペガサスは先日新聞社の取材を受け、その記事が6月9日の1面トップで掲載されました。ペガサスに通って来ていた子どもたちの中には学校へ復帰した子どももいますし、中学卒業まで通い高等学校へ進学した子どももいます。「学校だけが成長の場ではありません。社会に出るまでの一つのルートとして利用してほしいです。」これはNPO法人千葉こども家庭支援センター代表の杉本の言葉です。
フリースクールペガサスではこれまでも一人当たりの空間は大きく確保して学習を進めてきましたが、コロナウィルス感染予防のために密の状態ができないように通常の定員を減らして当面8人としています。
今学校へ行けずにどうしようと考えているのでしたら一つの選択肢としてフリースクールを利用してはいかがでしょうか。