「誰がどんな思いを込めて作るのかその事が一番大切なんです。」

朝の番組の靴職人さんの言葉。

この事はいろんなことにいえますね。私は自分がどんな思いをこめるかということを大事にしています。

いえ、むしろそれしか大事にしていないかもしれません。

ペガサスはどう逆立ちしても、大手のものにはかなわないこともあります。でも優れている部分もあると思っています。

それは、向かい入れた子どもやご家族への思いです。

どう支えるか、どう教えるか、そういうものは目には見えない部分がたくさんあり、原因と結果がはっきりとわかるものではありません。

それでも、必ず違いがあるものです。

子どもたちはそれがわかることが多いのではないかなと感じます。

なぜここの空気はまあるいのか。なぜ心が休まるのか。なぜ希望が沸いてくるのか。

それは、私たちの「思い」が答えだと思います。

転んだ幼い子どもが、温かい眼差しの中で泣き止むように、私たちはその眼差しのような大きな感覚での思いを持っています。関わる親子に何を残していくのか。いつか、心が温かくなるような記憶になることを願っています。

子どもの力を信じ、お母さんお父さんの力を信じ、私たちはそのお手伝いをしていきます。

これからも、思いを込めて。