つぶやきです。

共感できないと思ったら遠慮なくスルーしてくださいね。

 

親の顔が見てみたいとか、育て方が悪いからだ、とか本気で言う方々がいます。

それは不毛で子どもの味方ではない発想。

 

確かにもっといい育て方があったかもしれないけれど、親だけで育てらるものではありません。

その子自身の能力や気質はどうなのか、家庭以外ではどんな環境にいるのか。

 

言い方を変えれば、仮に親が完璧でも子どもが模範的に育つわけではないということです。

今、その子どもに関わったのだったら、身近な大人としての責任だってあるんじゃないかなと思います。

 

ほんの1分かもしれないけれど、自分にできることを考えるといいと思うんです。

私には何もできないな、と思うのであれば、力になれずごめんなさいと心におさめてみるのはどうでしょう。

 

親の顔が見てみたいと言い放って気が済むなんてことがあるとすると、それはとても悲しいことだと思います。

自分を粗末にしている気持ちにならないでしょうか。

 

「何か1つでもいいからあの子の力になれたらな。」

その想いは、自分自身にとっての生きる希望そのものだと私は思っています。